遠藤 太一郎

Taichiro Endo

Biography

1996年、18歳からAIプログラミングを始め、大学では機械学習を専攻。学部生時代から国際学会で発表。会津大学コンピュータ理工学部博士前期課程終了(首席)
ミネソタ大学ツインシティ校大学院在学中に起業し、AIを用いたサービスを開始。AIに関することは、実装、論文調査、システム設計、ビジネスコンサル、教育等幅広く手がけた後、株式会社エクサインテリジェンス(現・株式会社エクサウィザーズ)に参画。執行役員に就任。
理化学研究所 革新知能統合研究センター (AIP) 客員研究員、国立大学法人 東京学芸大学 客員准教授を兼任。
超教育協会 上席研究員 AIx教育WGリーダーとして、AI時代の教育の政府提言を取りまとめている。

Awards

  • 2016年 SoftBank World Challenge 2016「第二位」
  • 2016年 第三回 IBM Watoson ハッカソン「最優秀賞」
  • 2014年 Hack for Town in Aizu「Hack for Japan 賞」
  • 2004年 ミネソタ大学大学院より成績優秀者奨学金(返還不要)
  • 2003年 会津大学学長賞
  • 2002年 米国電気電子学会(IEEE)仙台 支部学生賞「最優秀論文賞」

    Activity in WBA

  • 2017年3月 第22回 全脳アーキテクチャ若手の会勉強会 カジュアルトーク 講演
  • 2018年4月 第34回 WBA若手の会勉強会「実世界応用のための深層学習」with エクサウィザーズ